最高の強磁性転移温度を持つ新絶縁物質Sr3OsO6を創製

~88年ぶりに記録を更新~

NTT物性科学基礎研究所(以下 NTT物性研)は、電気を通さない物質(絶縁体)の中で、最高の温度(780℃以上)で磁石としての性質(強磁性※1)を示す新物質Sr3OsO6[Sr(ストロンチウム)、Os(オスミウム)、O(酸素)からなる物質]を世界で初めて合成・発見し、磁性発現の起源となる電子状態※2を、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 常行真司教授らの研究グループ(以下 東大)と共同で明らかに...

続きを読む

「全光」で量子中継の原理検証実験に成功

~ 究極の情報処理ネットワーク「量子インターネット」実現への第一歩 ~

大阪大学大学院基礎工学研究科の山本俊教授、生田力三助教の研究グループおよび日本電信電話株式会社(NTT)の東浩司主任研究員(特別研究員)の研究グループは、大阪大学の井元信之名誉教授、富山大学の玉木潔教授、トロント大学のホイ・クウォン ロウ教授らと協力して、地球規模の量子ネットワークを光デバイスだけで実現する全光量子中継※1方式を採用することで、量子中継の原理検証実験(図1)に世界で初めて成功しまし...

続きを読む
ニュースリリース一覧