光を用いたコヒーレントイジングマシンと超伝導量子ビットを用いた 量子アニーリングマシンの計算性能を実験で比較

~コヒーレントイジングマシンの柔軟なノード間接続を可能にする仕組みが 複雑なグラフ問題を解くための鍵となることが明らかに~

NTT物性科学基礎研究所(以下 NTT物性研)は、情報・システム研究機構 国立情報学研究所(以下 NII)と共同で、縮退光パラメトリック発振器*1のネットワークを用いて組合せ最適化問題の解を高速に探索する情報処理の新手法「コヒーレントイジングマシン」の特性を評価する実験を行い、コヒーレントイジングマシンのもつ柔軟なノード間接続の仕組みが、複雑なグラフ構造の問題を高い正答率で解くうえで重要な役割を果...

続きを読む

光変調器を超省エネ化し、高速高効率な光トランジスタを実現

~光電子融合型の超低消費エネルギー・高速信号処理へ前進~

NTT物性科学基礎研究所 (NTT物性研)は、世界最小の消費エネルギーで動作する光変調器と光トランジスタを実現しました。 従来、光変調器や受光器のような光-電気変換デバイスは高い電気容量をもつため、消費エネルギーが高く、光と電子回路が緊密に連携した信号処理を行うことは困難でした。本研究グループは、フォトニック結晶と呼ばれるナノ構造技術を用いて、世界最小の電気容量をもつ光電変換素子の集積に成功しまし...

続きを読む
ニュースリリース一覧