NTT物性科学基礎研究所

Latest Topics

グループ別Topics

機能物質科学研究部
量子電子物性研究部
量子光物性研究部
ナノフォトニクスセンタ
理論量子物理研究センタ
BackNumber
2001年10月31日

半導体量子ドット人工格子による強磁性の発現

特別な形状に量子細線ネットワークを作製すると、磁性元素を含まない半導体材料だけで強磁性が発現する可能性を理論的に初めて予言した。局所スピン密度汎関数法を用いた計算を行うと、量子ドット列がInAs量子細線(0.104μm幅)の交差点上に形成されて平坦バンドを持つカゴメ格子を作り、その平坦バンドに電子が半分詰まっているときに強磁性が基底状態となることが示される。半導体を用いると印可電圧によりバンドに入る電子数の制御が可能で、これにより強磁性を自在にスイッチオン・オフ出来るのが大きな特徴である。

スピントロニクス研究グループ

013_01.jpg

 参考文献 Applied Physics Letters 78,3702 (2001 2001.10.31~掲載分