NTT物性科学基礎研究所

研究所紹介

  • ごあいさつ
  • ビジョン
  • グループ紹介
  • 組織図
  • アドバイザリーボード
  • リサーチプロフェッサ
  • 特別研究員
  • 交通案内

理論量子物理研究センタ

William J. Munro
プロジェクトマネージャ

理論量子物理研究センタは、NTTの中で何らかの形で量子力学の理論に関係した研究に携わっている10名の研究者が分野横断的に集まって、2017年の7月に結成されました。物性や光から情報まで興味を異にはするものの、量子力学という共通のツールを使う研究者達がアイディアを交換して議論をブラッシュアップすることで、新しい研究の種を蒔き、芽を吹かせることがその狙いです。20世紀の前半にその基礎が確立された量子力学は、その後、光や原子分子そして物質の基本的な性質を見事に解明し、現代のテクノロジーの根幹となっています。さらに21世紀に入ってからは、情報の表現と操作に量子力学に特有の効果を導入することにより、従来技術の延長には無い全く新しいテクノロジーの潮流が現れ始めています。私たちの研究センタでは、この新しい潮流の源泉と行く末を、多角的に見極めようとしています。具体的には、計算・計測・通信に関わる量子情報科学の可能性をより包括的な視点からとらえ、それを実現するために量子力学的な強い相関によって支配された物理システムに対する理解を深め、場合によっては量子物理学の原理的な解釈にも踏み込みます。

メンバー