NTT物性科学基礎研究所

研究所紹介

  • ごあいさつ
  • ビジョン
  • グループ紹介
  • 組織図
  • アドバイザリーボード
  • リサーチプロフェッサ
  • 特別研究員
  • 交通案内

機能物質科学研究部

分子生体機能研究グループ

中島 寛
グループリーダ
研究テーマ・分野

膜たんぱく質をはじめとする生体分子を核とした、からだに優しく、脳とのインターフェイスとなりうる新しい概念のデバイス「ナノバイオデバイス」を提唱し、その実現をめざします。

メッセージ

当グループでは、微細加工技術や化学合成、科学計算など各分野の手法を用いて、単分子レベルの機能やシナプスなど生体組織の機能を調べ、生体分子と生体組織を核とした新しい概念のデバイスを作り出すことを目標に研究を進めています。現在、細胞膜を形成する脂質分子の流動性とナノバイオデバイスへの応用、多点電極上に成長した脳神経の電気生理学、分子と金属のナノ構造物の制御と物性評価、固体表面への生体分子の固定化と機能評価およびその応用の検討を中心に研究を行っています。また、東レ株式会社と共同でhitoe®を開発し、その応用に向けて研究を進めています

メンバー
  • 田中 あや
    田中 あや
  • 大嶋 梓
    大嶋 梓
  • 手島 哲彦
    手島 哲彦