NTT物性科学基礎研究所

研究所紹介

  • ごあいさつ
  • ビジョン
  • グループ紹介
  • 組織図
  • アドバイザリーボード
  • リサーチプロフェッサ
  • 特別研究員
  • 交通案内

分子電子物性研究部

量子固体物性研究グループ

村木 康二
グループリーダ
研究テーマ・分野

電子や原子核のなかでおこる量子力学的な効果を実験的に観察します。量子相関エレクトロニクスという新しい分野を確立し、高感度センシング技術や量子計算機への応用を探ります。

メッセージ

デジタル情報技術を支える半導体デバイスにおける情報の担い手は電子ですが、その流れはばらばらで、蛇口から出る水を構成する水分子のそれとさほど変わりません。しかし水分子間の相互作用によって水が氷の結晶というまったく異なる状態に姿を変えるように、金属では電子間の相互作用によって秩序が生まれ、それが超伝導や強磁性などの劇的な性質として姿を現すことがあります。物量Gでは、電子がもつ波動性や重ね合わせといった量子力学的性質に加え、電子間の相互作用によって生じる多体効果や相関効果に注目し、これを広い意味で「量子相関」と呼び、それを半導体へテロ構造や量子ドットなどのナノ構造を用いて生成・制御することで電子系から本来のチームプレイを引き出し、ばらばらの電子では得られない新しい機能をもった量子デバイスや極限的な量子計測技術を開拓することを目指しています。そのために超高純度ヘテロ構造の結晶成長や電子線描画を用いた微細加工、数10 mKの極低温や強磁場、高速パルス測定、低温走査型トンネル顕微鏡・分光など、さまざまな技術を駆使しています。

メンバー
関連情報