NTT物性科学基礎研究所

研究所紹介

  • ごあいさつ
  • ビジョン
  • グループ紹介
  • 組織図
  • アドバイザリーボード
  • リサーチプロフェッサ
  • 特別研究員
  • 交通案内

機能物質科学研究部

低次元構造研究グループ

谷保 芳孝
グループリーダ
研究テーマ・分野

シリコンや化合物半導体に続く機能性電子材料として、カーボンナノチューブやグラフェンなどの低次元ナノ材料に着目します。これらに関する新しい物性・機能を開拓することにより、ナノ集積デバイスの実現に貢献します。

メッセージ

カーボンナノチューブ(CNT)については、CNTの電子構造を支配するカイラリティ(らせん度)制御を目標として、新触媒材料の探索・構造制御成長やCVD成長過程のその場分光観察に関する研究を進めています。これまでCNT成長には不活性であるとされていた貴金属類や半導体ナノ粒子からも成長が可能であることを発見しました。また触媒ナノ粒子の状態と成長するCNTの構造との関係も明らかになってきました。新機能発現に向けて、低エネルギー照射によってCNT上に形成される欠陥を積極的に操り、CNTデバイス特性を制御する研究進めています。欠陥生成・回復過程を解明するとともに、欠陥が形成された金属的CNTが半導体的なキャリア輸送特性を示すという新たな現象を見出しています。グラフェンでは、低エネルギー電子顕微鏡(LEEM)など表面技術を駆使した形成・評価を進め、グラフェンの層数を評価する手法を確立しました。半導体ナノ構造では、放射光を用いた精密構造解析や、ナノ構造形成技術のフォトニクス応用を目指した光・電子励起走査プローブ顕微鏡の開発を進めています。

メンバー
このグループのトピックス