NTT物性科学基礎研究所

研究所紹介

  • ごあいさつ
  • ビジョン
  • グループ紹介
  • 組織図
  • アドバイザリーボード
  • リサーチプロフェッサ
  • 特別研究員
  • 交通案内

量子電子物性研究部

複合ナノ構造物理研究グループ

山口 浩司
グループリーダ
研究テーマ・分野

半導体低次元構造、超伝導回路、マイクロ・ナノメカニカル構造など、異なるカテゴリーの微細構造の融合により出現する新しい物理現象の探求と、それを応用した革新的ナノテクノロジーの創出を目指して研究を進めています。

メッセージ

半導体素子や超伝導回路、マイクロ・ナノメカニカル素子(MEMS/NEMS)など、様々な微細構造素子の研究開発が、これまで広く行われてきました。我々の研究グループでは、これら異なるカテゴリーに属する微細構造を融合し、それにより出現する新しい物理現象の探求と素子応用を目指して研究を進めています。具体的には、化合物半導体のヘテロ構造や量子ナノ構造を用いて作製したマイクロ・ナノメカニカル構造により、圧電効果や光との相互作用、量子効果などを用いた新しい動作原理のメカニカル素子や、超伝導量子ビットとダイヤモンド中のスピン系を結合させたハイブリッド量子系などの研究を行っています。

メンバー
このグループのトピックス